大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌

著:辨野義己

800円479円(税込)
ポイント 4pt

購入へ進む

カゴに追加

日本人は一生に約8・8トンの大便をする。が、ふつうはそれから目を背けて生活している。しかし、便とは自らの健康状態を知らせる体からの「便り」である。では、そもそも大便とは何でできているのか。固形成分の3分の1を占め、大腸内の環境に多大な影響を及ぼす「善玉」「悪玉」と呼ばれる腸内細菌は、それぞれどんな働きや悪さをするのか?大腸と腸内細菌の最前線を読み解き「大便・通」になることで「大・便通」が訪れる、すぐに始められる健康の科学。

続きを読む

レビュー

3.7
21
5
7
4
4
3
8
2
1
1
1
  • 2018/11/12Posted by ブクログ

    普段目をつぶっている、大便に焦点を当てるに最適な本。腸こそ万病の源と主張し、食物繊維とヨーグルトが助けになるとのこと。腸高齢化が進んでいるという表現には、笑った。

  • 2018/07/15Posted by ブクログ

    腸内環境が大便を調べることでわかる! ということがわかる。 第一人者による、類書をみない本。 ヨーグルトを山ほど取りたくなる。

  • 2018/04/21Posted by ブクログ

    便は腸からのお便り、というキャッチフレーズにシビレました。 内容はめちゃくちゃ真面目で物凄く勉強になります。 便は茶色く、水に浮き、柔らかすぎず硬すぎず。 そうなっていないと腸に問題ありです!また、臭...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード