みなさん、さようなら

著:久保寺健彦

756円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2013年1月26日、映画公開!小学校の卒業式で起きたとある事件をきっかけに、団地から出られなくなった少年・渡会悟。彼はそこで一生を過ごす決意をする。だが月日が経ち、同級生は減り、最愛の恋人も彼の前から去ろうとしていた。限られた世界で生きようとした少年が、孤独と葛藤の中で伸びやかに成長する姿を描く、青春小説に革命を起こした鮮烈なるデビュー作。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    31
    5
    7
    4
    13
    3
    10
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/07Posted by ブクログ

      貴志祐介さんがおすすめしてたので読んでみたら、すっごく面白かった。同期の人たちがいなくなっていく様がちょっとデスゲームっぽくって好き。ケーキ屋のおやじ、いいキャラしてたなあ。

      久保寺健彦さんはしばら...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/05/06Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/02/14Posted by ブクログ

      映画を見てからの小説。同級生たちが次々と新しい道を進む中、1人でそこから動かない主人公が痛々しく悲しい。団地の老朽化による環境の変化が拍車をかけている。

      でも、何度逆境が訪れても自分の生きる方法を模...

      続きを読む
    開く

    セーフモード