フクシマの正義――「日本の変わらなさ」との闘い

著:開沼博

1,584円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『「フクシマ」論――原子力ムラはなぜ生まれたのか』で毎日出版文化賞を受賞し、論壇に衝撃的なデビューを果たした著者。本書は、いま最も注目される若手社会学者による待望の初評論集である。福島からの避難、瓦礫受け入れ、農産物の風評被害など、一般市民の善意が現地の人々にとっては悪意となり、正義と正義がぶつかり合う現実。そして沖縄基地問題のように、反原発運動もまた、新手の社会運動のネタとして消費されるのではないかという危惧。震災後も精力的に現地取材を続ける著者に見えてきた、「日本の変わらなさ」とは?――。3・11を経て、より深刻化した日本の病巣を浮き彫りにした、必読の論考。

    続きを読む

    レビュー

    4
    7
    5
    0
    4
    7
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/06/10Posted by ブクログ

      「日本の変わらなさ」について、共感できるところがたくさんありました。
      自分自身がしなくての問題として、考えていきたいと思います。

    • 2014/06/08Posted by ブクログ

      明確な善意と悪意のぶつかり合いならば目指すべき道筋は見えやすい。しかし、そうでなく、善意同士のぶつかり合いに走った分断線を上手く繋ぐ方法を私達はまだ持ち合わせていない

      端的に言えば現在の善意の分断の...

      続きを読む
    • 2014/03/28Posted by ブクログ

      『1984 フクシマに生まれて』を読んで、ひさしぶりに開沼さんの名前を検索したのだったか何だったか忘れたけど、図書館で借りてきて読んだ。

      開沼さんの本は、前に『「フクシマ」論』と、開沼さんが編者に...

      続きを読む
    開く

    セーフモード