妾屋昼兵衛女帳面六 遊郭狂奔

著:上田秀人

679円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    妾屋稼業に安息なし。山城屋昼兵衛と大月新左衛門は、八重を妾にせんとした老舗呉服屋の主をやり込めたことで恨みを買った。その執念は町方を巻き込み、ついには吉原に飛び火。妾屋を潰して客を奪おうとの欲に駆られた吉原惣名主は、ご免色里の立場を利用して圧力をかける。命を顧みぬ刺客が山城屋に殺到。猛攻をはね返せるか?波乱の第六弾。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/09/17Posted by ブクログ

      妾屋というやわらかい題材だけど
      上田先生の手にかかれば、徳川家が抱えている
      過去の闇を利用したり、隠そうとしたりする
      陰謀の嵐の作品になる・・・面白い

    セーフモード