【最新刊】ここは退屈迎えに来て

ここは退屈迎えに来て

著:山内マリコ

564円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    そばにいても離れていても、私の心はいつも君を呼んでいる--。都会からUターンした30歳、結婚相談所に駆け込む親友同士、売れ残りの男子としぶしぶ寝る23歳、処女喪失に奔走する女子高生……ありふれた地方都市で、どこまでも続く日常を生きる8人の女の子。居場所を求める繊細な心模様を、クールな筆致で鮮やかに描いた心潤う連作小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/05/02
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • ネタバレ
      2019/03/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/09/13Posted by ブクログ

       山内マリコはズルいと思う。思っただけなので山内さんに怒られたらすいませんと謝るけど、ごめんなさい。デビュー作『ここは退屈迎えに来て』、二作目『アズミ・ハルコは行方不明』を読むとやっぱりその思いは加速...

      続きを読む
    • 2013/09/17Posted by ブクログ

      既読の「文芸あねもね」 に収録されている「アメリカ人とリセエンヌ」を読んだ時に、この著者は自分自身のコンプレックスをバネにするよりか、さらに卑屈に物事を捉えながら発散し、チャラにしようとする方かしら、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード