約束の日 安倍晋三試論

著:小川榮太郎

556円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    明確な理念と果断な実行力で日本改造に着手した第一次安倍内閣は、なぜ一年で崩壊したのか――。戦後最年少の五十二歳で首相に上り詰めた安倍晋三の無念と決意。約束の日とは何か。十一月二十五日、同じ日に首を刎ねられた吉田松陰、三島由紀夫になぞらえながら、文学とは対極にある政治家を、文藝評論の対象にしたスリリングな試み。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/10/31Posted by ブクログ

      安倍の戦後レジームからの脱却は愚直なまでの理念政治だった。
      敵味方を含め、誰にとっても全てが未知だった。そして政治的朝鮮とはいつでもレコンキスタ(失地回復)に他ならない。失われた価値の回復への衝動こそ...

      続きを読む
    • 2013/09/16Posted by ブクログ

      第一次内閣、戦後レジームに無謀極まる戦いを挑み、官僚とマスコミを敵に回して壮絶な戦いを展開し、道半ばで横死した。

      安倍叩きは社是。。主たる情報源はマスコミでしたから、バッシングの結果しか知り得なかっ...

      続きを読む

    セーフモード