若頭補佐 白岩光義 東へ、西へ

若頭補佐 白岩光義 東へ、西へ

著:浜田文人

665円398円(税込)
ポイント 3pt

弱きを助け、強きをくじく生粋の浪花極道、白岩光義。東京で若い女が男に拉致される場面に遭遇し、助け出した。だが、女は現場から消え、自身が警察に拘束されるはめに。それでも気になる白岩が調べると、彼女がマレーシア人だったことが判明。東南アジアからの留学生を食い物にするNPOと暴力団が浮かび上がる……。痛快エンタテインメント小説!

続きを読む

レビュー

4
1
5
0
4
1
3
0
2
0
1
0
  • 2011/05/05Posted by ブクログ

    まず、タイトルがいい。若頭の男っぷりがいい。極道独特のセリフが実に真に迫っていていい。作家自身が「本筋」なのでは?、と錯覚するくらい「極道」がよく描けている。うれしい掘り出し物である。

セーフモード