【最新刊】AKB48白熱論争

AKB48白熱論争

著:小林よしのり 著:中森明夫 著:宇野常寛 著:濱野智史

877円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人が人を「推す」とはどういうことか?なぜ、今それをせずにはいられないのか?日本のエンタテインメント史上、特異な「総選挙」という娯楽・消費行動を通じて、すべてのメディアを席巻する存在となったAKB48。まさに大衆の願望がAKB48を生み出したと言えるのだ。あえてではなくマジでハマった4人の男性論客が、AKB48そのものの魅力を語り合い、現象を分析することで、日本人の巨大な無意識を読み解き、日本の公共性と未来を浮き彫りにした稀有な現代文明論。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/22
    連載誌/レーベル
    幻冬舎新書
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3.6
    49
    5
    7
    4
    24
    3
    14
    2
    4
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2012/11/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/12/24Posted by ブクログ

      気になった論点とかをノートにまとめていたら4ページにもなりました。本当は皆さんにも本書を読んでもらうのが一番なんですけど、宣伝も兼ねてその中のいくつかを紹介します。

      1.「ゆきりんに居場所がない」問...

      続きを読む
    • 2013/10/03Posted by ブクログ

      2013年10月2日読了。AKB48にどっぷり嵌り込んだ、いい歳した名だたる論客4人がその魅力・「推す」とは何か?AKBは日本・世界をどう変えるのか?などについて議論を繰り広げる本。一言、「キモい」で...

      続きを読む
    開く

    セーフモード