静電気と、未夜子の無意識。

著:木爾チレン

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    未夜子は、大学のキャンパスで、いつも天文学書を読んでいる風変わりな男の子・亘に出会う。それまで恋人は顔で選び、格好いい男の子とばかり交遊してきた未夜子だったが、亘に出会ったことで、人生が激変してしまう。亘のことが気になって仕方のない未夜子は、追いかけて追いかけて、亘の部屋まで乗り込むものの、いつまでたっても彼女としては認めてもらえず――。美人なのに不幸な未夜子の恋の行く末やいかに。本書を読んだ全国の女子大生から、「恋がしたい」の声が続々到着!!25歳新鋭のデビュー小説。

    続きを読む

    レビュー

    3
    14
    5
    1
    4
    5
    3
    3
    2
    4
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2017/05/20Posted by ブクログ

      良作。
      そうそう、恋ってこんな感じ。
      特に報われない恋って、こういう空気を帯びてたわ。
      恋愛小説はこうでなければな。
      甘さより苦味や傷みの方が強くなければ。
      余り期待してなかっただけに、かなり良かった...

      続きを読む
    • 2015/08/26Posted by ブクログ

      [内容]
      未夜子は、大学のキャンパスで、いつも天文学書を読んでいる風変わりな男の子・亘に出会う。それまで恋人は顔で選び、格好いい男の子とばかり交遊してきた未夜子だったが、亘に出会ったことで、人生が激変...

      続きを読む
    • 2015/04/09Posted by ブクログ

      R18を受賞した作品のような性的な激しさはない。
      静電気と、未夜子の無意識…片想いなのに体を許す女の苦しみが切々とつづられている。金魚を掘り起こすあたりに深い哀愁を感じさせる。
      未夜子と、格好よくてつ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード