思い通りの死に方

著:中村仁一 著:久坂部羊

773円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    何歳まで生きたいですか?大往生は万人の願望。マスコミは90歳を超えても元気な「スーパー老人」をもてはやし、死ぬまで健康であるべきだという圧力は強まる一方だが、いま現実はどうなっているのか。現役医師2人が、誰も本当のことを言わない高齢者の生き方・老い方・逝き方を赤裸々に語り合った。アンチエイジングを謳い、高齢者を飯の種とする医療界はどこまで信用できるか?そもそも医者の多くがなぜがんになるのか?大往生は可能なのか?等々、遅かれ早かれ誰もが直面する生死の真実。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    13
    5
    1
    4
    5
    3
    6
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/12Posted by ブクログ

      長生きは素晴らしいこと、というマスコミの報道に疑問を呈する内容。不健康な状態で長生きすることにいいことはないらしい。

    • 2018/10/09Posted by ブクログ

      「老化」は治療出来ないが多くの人が回復を願うが故に精神的に苦しんだり治療に苦しんだりする。日本の医療問題は多々あれど、最も重要なのは自分自身の確固たる関わり方を決めて且つそれを身近な人と共有しておくこ...

      続きを読む
    • 2018/07/29Posted by ブクログ

      【文章】
       とても読み易い
      【ハマり】
       ★★★★・
      【共感度】
       ★★★★★
      ・延命治療を行うのがよい事なのかは、患者本人次第
      ・安楽死が法的に認められる社会になるべき
       ・長く生きる事のみが尊いわ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード