甘味屋十兵衛子守り剣3 桜夜の金つば

著:牧秀彦

556円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    将軍・家茂公と皇女・和宮の婚礼が近づき、笑福堂の十兵衛は菓子の試作に余念がない。常連客の岩井信義から、婚礼祝いの献上品を頼まれたのだ。将軍家を満足させることができれば店の評判が上がり、妻子と偽り守っている御国御前の遥香と娘・智音が、国許から命を狙われることもなくなる。だが、十兵衛の予定していた菓子が敵対する和泉屋と同じものだと判明、しかも相手の品は完璧で……。訳あり母娘を守る用心棒の、せつなくも痛快な傑作シリーズ第三弾!

    続きを読む

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/06/13Posted by ブクログ

      ライバルがいて主人公の人柄がさえる
      時代は幕末なのだが、庶民には江戸時代そのもの
      時代の変化に巻き込まれる様子を軽く描くさまも
      心地よい

    セーフモード