【最新刊】SE神谷翔のサイバー事件簿 3巻セット【電子版限定】※番外編付き

SE神谷翔のサイバー事件簿

5冊

著:七瀬晶

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本書は、『SE神谷翔のサイバー事件簿』1巻~3巻及び番外編1冊にまとめた、お得なセット版になります。■『SE神谷翔のサイバー事件簿』草食系でディズニーオタクの新米SE神谷翔。会社では凡ミス連発、頼りがいゼロの彼は、実は警視庁のサイバー犯罪捜査に協力している元ハッカー。知識だけはピカイチの翔と、正義感だけは強い先輩・理沙が繰り広げるネット犯罪捜査ミステリ。■『SE神谷翔のサイバー事件簿2』「娘は預かった」。警視庁生活安全部長に届いたハッカー集団からの脅迫メール。手がかりはリンク先の動画に写るTDRのシンデレラ城だけだった。元ハッカーでサイバー捜査に携わる神谷翔と先輩・理沙の凸凹コンビが奮闘するITミステリ。■『クラウド・トラップ SE神谷翔のサイバー事件簿3』マイナンバーが施行され、国民の全ての情報がクラウド上に保管されたすぐそこの未来。絶対安全と謳われていたアルティメイト社のクラウド基盤を支える無人データセンタが何者かに狙われ、元ハッカーのSE神谷が、孤軍奮闘するハメに!事件の余波は中国まで広がり、反日テロリストや各国政府、<光の道>の思惑が絡み合い、思わぬ大事件へと発展していく――。■『ウイルスファクトリー SE神谷翔のサイバー事件簿 番外編』海外で猛威をふるう新型インフルエンザウイルスが日本にも上陸。特効薬の増産体制に入った工場に、コンピュータウイルスが紛れ込んだという。SE神谷翔は、なぜか公安に指名を受け、その調査のため工場に潜入する羽目に。工場の制御系システムを操るコンピュータウイルスにデータを人質にとる「ランサムウェア」、成りすましにアバターにと虚実が入り交じる……現実(リアル)と仮想(バーチャル)が入り交じる社会の、その先を問う!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/05/08
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    3.4
    26
    5
    2
    4
    8
    3
    16
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/09/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/09/19Posted by ブクログ

      軽く読めるサイバー犯罪小説。まあまあかな〜。神谷の謎はまったく明かされなかった、
      続編を見込んで?最近この続編に謎を引っ張るの多いけど、続くかどうかわからないんだからやめてほしい。

    • 2019/05/21Posted by ブクログ

      ライトな中短編。今後も続くだろうキャラクターの謎を残したまま終わる。
      ライトなだけに読みやすいが、ネットに関しての記述はかなりハイブロー。わかんなくても楽しめはするし、わかりやすくしようという努力も見...

      続きを読む
    開く

    セーフモード