カオス

著:梁石日

677円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    台湾人からもちかけられた漢方薬の売買によって、歌舞伎町の抗争に巻き込まれたテツとガク。見返りに中華料理店の名門『龍門』を手に入れるが、麻薬を狙う蛇頭の執拗な追跡が始まった……。研ぎ澄まされた勘と才覚と腕っ節を頼りに、のし上がろうとする無法者達は、金と命を守ることができるのか?裏社会で生きる人間の真実を描く傑作大長編。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/11/14Posted by ブクログ

      テツとガクの二人が。歌舞伎町で繰り広げる死闘。その姿にあの街のすさまじい姿と、無国籍性が浮き彫りになっていると言うことを確認して、非常に面白かったです。

      これは先日読んでいた本です。相も変わらず歌...

      続きを読む
    • 2013/06/23Posted by ブクログ

      やっぱり何回読んでもラストがライオンキングの某シーンにしか見えないです。タマゴのキャラ濃すぎですね。完全に主役二人は食われてます。
      でもガクとテツのコンビは好きです。頭で考えるタイプのガクと直感で行動...

      続きを読む
    • 2010/11/05Posted by ブクログ

      ・カオスってタイトルにふさわしく内容はすっかりカオス。ただ、相変わらず物語の目的地が良くわからないつくり。散漫に色々出すけど、そんで?って思ってしまう。物語が収束しない。梁石日って人はいつもそうか。
      ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000110499","price":"677"}]

    セーフモード