医者は病気をどう推理するか

編:NHK「総合診療医ドクターG」制作班

1,144円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    何科に行けばいいか、わからない。科から科へ、たらい回しにされた。挙げ句、病名も判明しない。こうした悩みを解決するのが、総合診療医です。専門化が進む医療界で、人間の体を、心臓や胃といった部分ではなく、ひとつのつながりあるものとして捉えます。NHKの人気番組「総合診療医ドクターG」に出演する7人のドクターたちが、急に気を失う、謎の腹痛、足がだるいといった14のケースを徹底究明。

    続きを読む

    レビュー

    3
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2018/11/18Posted by ブクログ

      医者ってマジで使えねえな!と思わせる内容だ。タイトルの「どう推理するか」などとはまったく関係ない、ただの体験談、自伝みたいなもの。内容も医学的に間違えている所も多い。たとえば、パニック障害の解説で、ス...

      続きを読む
    • 2013/02/16Posted by ブクログ

       医者の素質という物がどこに表れるのかよくわかった。

       今、患者に必要なのは話をよく聞いてくれる医者なのではないか。この本は言う病気を判断するのは医者だけではできないと常に患者との対話を重要視すると...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2012/08/02Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード