寿命は30年延びる 長寿遺伝子を鍛えれば、みるみる若返るシンプル習慣術

著:白澤卓二

773円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    老化を遅らせ、寿命を延ばす長寿遺伝子が注目されている。この遺伝子は、すべての人間に備わるものの、機能が眠ったままの人と活発な人に分かれる。本来の働きが十分に発揮されれば、人は100歳を超えても元気に生きられる。活性化のスイッチとなるのは、食事、睡眠、運動といった生活全体のバランス。特定の食べ物だけ摂取しても意味はなく、24時間にわたる小さな習慣の積み重ねによってしか、効果は上がらない。遺伝子が老化を抑えるメカニズムから実践的生活術まで、アンチエイジング医学の第一人者が伝授する決定版。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/11/16Posted by ブクログ

      参考になった。
      特別なことを言ってる訳ではなく、よく知られてることが書いてある。
      腹7分目。タンパク質多め、野菜多め、動物性脂肪を控える。
      適度な運動。充分な睡眠。
      ストレスをコントロールする。

    • 2013/01/21Posted by ブクログ

      野菜ジュースを週3回以上飲んでいる人はアルツハイマー病の発症リスクが低い。
      腹7分目とバランス良い食事
      長寿遺伝子が身体をモニターしてオンになったりオフになったりしている。
      そのカギは、カロリー制限、...

      続きを読む

    セーフモード