彼女がその名を知らない鳥たち

著:沼田まほかる

717円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    八年前に別れた黒崎を忘れられない十和子は、淋しさから十五歳上の男・陣治と暮らし始める。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治。彼を激しく嫌悪しながらも離れられない十和子。そんな二人の暮らしを刑事の訪問が脅かす。「黒崎が行方不明だ」と知らされた十和子は、陣治が黒崎を殺したのではないかと疑い始めるが……。衝撃の長編ミステリ。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    274
    5
    53
    4
    74
    3
    94
    2
    46
    1
    7
    レビュー投稿
    • 2019/11/20Posted by ブクログ

      関西弁が少し読み慣れなかった。
      陣治がかわいそうだった。陣治の深い愛がなんだか読んでて辛かったな。陣治は絶対いいヤツだけど、十和子のどこにそんなに好きになるほどの魅力があったのだろうか。

    • ネタバレ
      2019/10/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2019/09/09Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード