【最新刊】彼女がその名を知らない鳥たち

彼女がその名を知らない鳥たち
1冊

著:沼田まほかる

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    八年前に別れた黒崎を忘れられない十和子は、淋しさから十五歳上の男・陣治と暮らし始める。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治。彼を激しく嫌悪しながらも離れられない十和子。そんな二人の暮らしを刑事の訪問が脅かす。「黒崎が行方不明だ」と知らされた十和子は、陣治が黒崎を殺したのではないかと疑い始めるが……。衝撃の長編ミステリ。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/22
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.4
    273
    5
    53
    4
    74
    3
    93
    2
    46
    1
    7
    レビュー投稿
    • 2019/08/18Posted by ブクログ

      内容としては面白かったし、感情を揺さぶられるという点で非常にこの小説はレベルが高いと感じたが、主人公の人柄といい、人間性が生々しく描かれており読んでて辛いところがあった。

    • 2019/08/02Posted by ブクログ

      忘れられないことがあったり人がいたりというのは厄介なことなのね。他人に影響がなければ「お好きにどうぞ」と言ってあげられるけど、そばにいて影響がないわけないわな。
      そんなあれこれをわかって一緒にいてくれ...

      続きを読む
    • 2019/06/10Posted by ブクログ

      顔が好きだけど優しくない男と顔がイヤだけどすっごく優しい男、結婚するならどっちがいいと思う?と聞かれた事があった。
      私は顔を推した。永遠に優しい男なんているのだろうか。でも、顔は永遠だ。心は変わるが顔...

      続きを読む
    開く

    セーフモード