【最新刊】彼女がその名を知らない鳥たち

彼女がその名を知らない鳥たち
1冊

著:沼田まほかる

704円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

八年前に別れた黒崎を忘れられない十和子は、淋しさから十五歳上の男・陣治と暮らし始める。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治。彼を激しく嫌悪しながらも離れられない十和子。そんな二人の暮らしを刑事の訪問が脅かす。「黒崎が行方不明だ」と知らされた十和子は、陣治が黒崎を殺したのではないかと疑い始めるが……。衝撃の長編ミステリ。

続きを読む

レビュー

3.4
271
5
53
4
74
3
91
2
46
1
7
レビュー投稿
  • 2019/06/10Posted by ブクログ

    顔が好きだけど優しくない男と顔がイヤだけどすっごく優しい男、結婚するならどっちがいいと思う?と聞かれた事があった。
    私は顔を推した。永遠に優しい男なんているのだろうか。でも、顔は永遠だ。心は変わるが顔...

    続きを読む
  • 2019/03/23Posted by ブクログ

    ここまでどの人物にも共感できないのは珍しく、全てのことが何度か回ればみんないい人に思えるのか?と思いながら読み進めました。
    最後にあーそっち側なのかと合点がいって少しですが共感できたのかなーと思いまし...

    続きを読む
  • 2019/03/06Posted by ブクログ

    これまで読んだ沼田まほかる作品の中でも群を抜いて良かった。何でこんなに、生理的な嫌悪感を催させる表現がうまいんだろう。
    思考はもちろん、内臓まであのアパートの部屋に持って行かれるような気がした。
    陣治...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード