私だったらこう考える

著:銀色夏生

477円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ――あなたは不幸じゃない、あなたの幸福観がまちがっているだけだ。人は大人になるにつれて、生きる上での価値観をお金や権力や美や若さから、精神的なものへとスライドさせることができなければ、生きていることがとてもつらいものになるのではないか――質問に答え、解放に導く。銀色夏生が今、思うこと。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    7
    5
    1
    4
    2
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/01/01Posted by ブクログ

      ask.fmのような質問に答えていく形式。質問するというのは難しい。
      後半の著者が自問自答していくところはおもしろいので、前半はがまん。

    • 2013/12/02Posted by ブクログ

      おなじみの「つれづれノート」などにも今まで書かれていた
      ような銀色視点(というか主観)がまとめて書き連ねてある本。
      銀色さんならではだけど目新しさはない。
      なぜ一冊の本にまでしたのだろう?

    • 2013/05/06Posted by ブクログ

      ―――私たちはもうヒマじゃない―――

      銀色夏生さんが読者の質問をバッサバッサと斬ってく一冊。
      質問に近い体験をしていたり、わかることは、自分の言葉でいっぱい回答してくれるんだけど、自分がわからない部...

      続きを読む
    開く

    セーフモード