ルポ ゴミ屋敷に棲む人々 孤立死を呼ぶ「セルフ・ネグレクト」の実態

著:岸恵美子

815円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    悪臭のする不衛生な「ゴミ屋敷」で、他者の介入を拒否し、物に埋もれながら暮らす人々が増えている。彼らの多くは、実は「セルフ・ネグレクト」の状態にある。セルフ・ネグレクト(自己放任)とは、自分の生活に極度に無関心となり、著しく生活環境と健康状態が悪化する状態のことで、やがては孤立死に至る。毎年2万人に上る孤立死の約8割は、このセルフ・ネグレクトが要因とも言われている。彼らはなぜ自らの人生を「放棄」し、ゆるやかな死を選ぶのか。少子高齢化、家族崩壊、高齢者虐待などを背景に急増する、現代の病理に迫る画期的な書。

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    16
    5
    2
    4
    2
    3
    10
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/07Posted by ブクログ

      想像していた本とは方向性が違いました。
      どちらかというと、一人一人の住人の人生を掘り下げたルポタージュではないかと期待していたのですが、著者の経験に即したエピソード披露と、これからの介護の在り方を考え...

      続きを読む
    • 2017/12/25Posted by ブクログ

      セルフネグレクトって?

      消極的に自己を放任することで、自己虐待してしまうこと。ゴミ屋敷はその典型らしい。
      一見、ゴミ屋敷の事例紹介に見えるが、中身はセルフネグレクトを知りたい人にとっては、とても良質...

      続きを読む
    • 2017/07/30Posted by ブクログ

      ■セルフ・ネグレクトの定義
      ①個人の,或いは環境の衛生を継続的に怠る
      ②QOL(Quality of Life)を高めるために当然必要とされるいくつか,或いは全てのサービスを繰り返し拒否する
      ③明らか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード