21世紀の落語入門

著:小谷野敦

815円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ファン歴三十数年の著者が、業界ヨイショ・しがらみゼロの“客目線”で親しみ方を大胆指南。「聴く前に、興津要(おきつかなめ)編の作品集『古典落語』を読むと理解倍増」「寄席へ行くより名人のCD」「初心者は志ん朝から聴け」「志ん生は皆が褒めるが江戸弁がキツくて分かりづらい」……定説に時に突っ込みながら、うまい噺家(はなしか)、聴き方のツボ、演目の背景・歴史を一挙紹介。落語ツウも開眼多数の新感覚の入門書。

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/04/29Posted by ブクログ

      現代の、しかも落語初心者のための落語入門書。
      少し前から落語をよく聞くようになった。けども、田舎住まいで寄席に行く機会はなかなかないので、YouTubeでいろいろ見て楽しんでいる。先日は立川談志のひと...

      続きを読む
    • 2012/08/19Posted by ブクログ

      この本については賛否両論あるようだ。
      確かに行きつ戻りつというか、しばしば話が脱線していくのは読みにくいし、あれっという誤記が多かった(著者本人がHPで訂正している http://homepage2....

      続きを読む
    • 2013/03/22Posted by ブクログ

      何冊か落語入門書を読んだが、
      本書が一番私の気持ちに沿う。共感できる点がとても多かったからだ。
      初心者には良い1冊だと思う。

    開く

    セーフモード