めぐみへの遺言

著:横田滋 著:横田早紀江 聞き手:石高健次

942円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    とにかく自由にしてやりたい。あんな国に閉じ込められたままで消えてもらいたくない。生きている間にせめて1時間でもいい、日本に帰って来てほしい……。生死もわからない娘の生存を信じ、行方を探し続けた夫妻が出会った世の中の不条理とは?ころころ総理大臣が替わる国は相手にされない/金賢姫に「今も生きている」と言われても/愛する娘が消え、毎日自殺を考えていた/総理がリーダーシップをとって解決するしかない/新潟の海は二度と見たくない/死亡通告、めぐみは犠牲となり使命を果たした/ヘギョン宛ての手紙、返事は来なかった/遺骨は嘘つきの証拠、返しちゃダメ!/制裁一辺倒では拉致問題は動かない/青空の下、めぐみを自由に遊ばせたい

    続きを読む

    レビュー

    5
    2
    5
    2
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/09/26Posted by ブクログ

      表紙の帯より
      『金正恩さん私たちにはもう時間がありません!』
      魂の叫びを、衝撃の新事実とともに激白!
      『あの子は絶対生きている』
      絶望を超え、なぜ闘い続けることができるのか?

    • 2012/08/11Posted by ブクログ

      悲しすぎる。
      深く知らない人もこの本だけ読んであげてほしい。
      何をおいても、日本人が日本人を守れる国にだけはしたいです。

    セーフモード