花に背いて 直江兼続とその妻

著:鈴木由紀子

756円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    豊臣秀吉から直臣にと望まれ、石田三成からは無二の親友と頼られた上杉家の執政、直江兼続。裏切りと謀略がうずまく戦国の世に、利を捨て義に生きた上杉景勝と兼続は、義を踏みにじって恥じない徳川家康の挑戦を受けて立つ。誇り高き男たちを支えた妻たちもまた、家の存続をかけてたたかった。兼続の賢妻お船の目を通して描く感動の歴史小説。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2009/10/25Posted by ブクログ

      景勝様と直江、船ちゃんが幼馴染で仲良しです。信綱が巻添え食って亡くなってしまったところの船ちゃんと直江等前半部分が特に良いんですよ。後は類友な傾奇人たちもなんか可愛くて良いと思います。

    セーフモード