あやかし三國志、ぴゅるり 唐傘小風の幽霊事件帖

著:高橋由太

517円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    本所深川で幽霊と暮らす寺子屋の若師匠・伸吉の前に、道士服を着た行き倒れ寸前の男の幽霊が現れる。男は劉備玄徳と名乗った。ひょんなことから劉備とうどん屋を開くことになった伸吉に、今度は突然の見合い話が。伸吉の心は、美少女幽霊・小風との間で揺れる。そのとき江戸湾に謎の幽霊船が現れ、江戸の町を襲い始めた。船に乗っていたのは、呂布ら三國志の英雄たちだった──。

    続きを読む

    レビュー

    2.6
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/07/11Posted by ブクログ

      第四弾
      遂にここまで、三国志の幽霊まで
      江戸城を乗っ取られ大ピンチ
      目覚めるか伸吉
      それにしても江戸の守り神天海が光秀、風魔と協力関係?小風と風魔との関係も(虚無僧の正体)
      諸葛孔明が火計の張本人とし...

      続きを読む
    • 2013/05/21Posted by ブクログ

      あれ?賺されちゃった~堤横で伸吉が拾った行き倒れ寸前の大男を拾ったら,劉備だと名乗る。小風は腰に持っている茶が気になり,しぐれの巾着を差し出して手に入れる。饂飩を食べさせると,劉備は饂飩をやると言い出...

      続きを読む
    • 2013/04/27Posted by ブクログ

      「にゃ」
      「みゃ」
      ……が、すごく可愛くてイイのですけども。

      劉備玄徳って、字までくっつけて書かれているのキライ。

      上下巻?なのかな。
      読み終わったけれど、続きを読みたい衝動にも駆られないし。
      ...

      続きを読む

    セーフモード