唐傘小風の幽霊事件帖

著:高橋由太

556円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ある日、貧乏寺子屋の師匠・伸吉の前に、雨でもないのに赤い唐傘を差し、肩に小カラスを乗せた、無愛想な美少女「小風」が現れた。なんと幽霊だと言う。小風はぶつくさ文句を言いながら、なぜか伸吉を襲う悪霊を不思議な妖術で追い払う。何やら死んだばかりの伸吉の祖母と因縁があるようなのだが……。スキあらば伸吉を食べようとする妖怪・猫骸骨、どこか間抜けな織田信長の幽霊も登場し、妖怪・幽霊なんでもござれの脱力系活劇シリーズ第1弾!

    続きを読む

    レビュー

    2.5
    8
    5
    0
    4
    0
    3
    5
    2
    2
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/03/06Posted by ブクログ

      ヘタレな寺子屋師匠と、美少女幽霊のラブコメ。
      設定は夏目友人帳にちょっと似ているかも。
      八咫丸や猫骸骨などキャラは可愛いが、全体的にさっくりしすぎでちょっと物足りない感じ。

    • 2014/07/13Posted by ブクログ

      どうもこの作家は先行作品の影響を隠すのがへたくそなんですよね。
      それがパロディやらパスティーシュになっているんだったらまだしも、ぱくりに見えちゃうのが何とも。
      他の話を知らずにこれだけ読めばそれなりに...

      続きを読む
    • 2013/07/11Posted by ブクログ

      シリーズ第一弾
      寺子屋の師匠・伸吉と美少女幽霊・小風のお話?
      伸吉の祖母が関係しているようだが?
      幽霊・妖怪が相手!何でもありか?

    開く

    セーフモード