溝鼠

著:新堂冬樹

994円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    復讐を請け負う代行屋、鷹場英一。他人の不幸とカネを愛し、対象者に恥辱と絶望を与えることを何よりの生きがいとしている。この日も依頼を受け、女の髪と眉を剃り落とし、頬を切り裂いた。報酬は二百万円。「仕事」は完璧だった。だが、英一の前に九年ぶりに現れた父親に、偽の依頼だったことを明かされる……。人間の欲望を抉り出す、暗黒エンタテインメント超大作!

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2020/01/02Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/07/28Posted by ブクログ

      うちの新堂冬樹デビュー作☆ いやぁーー……エグかった!グロかった!はまった!w 肉体的だけでなく、精神的にも暴力的な描写が溢れてて、悶えながらもあっという間に読み終えました。オススメです。

    • 2019/11/11Posted by ブクログ

      主要登場人物が全員悪人という設定は映画でもよく見るパターンだが、必ずしもその設定が成功するかと言えばそうでもない。
      この場合、実質的に悪人を相対化出来ないため、執筆にはリスクを伴う手法だと思う。
      そこ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000110412","price":"994"}]

    セーフモード