沈黙入門

著:小池龍之介

477円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    何にもケチをつけず一日過ごしてみる。天皇陛下のようにスローに、徹底的に自己を抑えて喋る。正義で相手を論破することをやめる。むやみに「すみません」を言わない。身近で大切な人に対してこそ幻滅しておく――とめどない欲望・イライラ・不安から解放されて軽やかに生きるために、若き修行僧が日々の生活の作法を手ほどきする。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    38
    5
    6
    4
    16
    3
    11
    2
    4
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/01/30Posted by ブクログ

      R25ブックガイドから、だったかな。仏教の考えを絡めて沈黙の素晴らしさを説くもの。沈黙は即ち自分濃度を薄めること、というのを根っこに置いて、色んな側面から”黙ること”の効能を説く。単に口下手なだけとい...

      続きを読む
    • 2017/08/16Posted by ブクログ

      人びとは日常生活の中で、何気なく会話をおこなっていますが、そこで発される言葉のうちには、自己に対する慢心や他者に対する怒りが入り込んでしまっていることが多いと著者は指摘し、仏教の立場から「沈黙」の価値...

      続きを読む
    • 2016/10/08Posted by ブクログ

      謙遜するでもなく、相手を持ち上げるでもなく
      黙っている事が一番。

      天皇陛下のようにゆっくり、には納得しました。
      確かにゆっくり喋っていれば、次を考えられるし
      失礼発言をしなくても済む気がします。

      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード