財務省のマインドコントロール

著:江田憲司

942円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    今や「財政再建のために増税は仕方がない」と思っている国民も多いが、それは財務省による洗脳、つまりマインドコントロールにかかっているからである。実際に、増税をしなくても、財政再建はできる。財務省は大嘘をつき、政治家や国民にとんでもないマインドコントロールを仕掛けているのだ。本書では、財務省の嘘を暴き、日本の政治が増税なしでもうまくいく方法を具体的に提示。専門用語を使わず、わかりやすく解説してあるので、政治、経済の現状から裏側まで理解できる。日本国民全員が読むべき、政治、経済の書。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    16
    5
    2
    4
    10
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/18Posted by ブクログ

      それって日本に巣くった癌そのものではないか・・・と、こういう本を読むと思う。

      それは、知らぬ間に増殖を続け、宿主が死ぬまで搾取の手を緩めない。

      宿主が死んだら甘い汁も吸えなくなる…と、個々の細胞も...

      続きを読む
    • 2017/12/18Posted by ブクログ

      財務省の影響の及ぼし方などが書かれている。昨今の増税キャンペーンがいい加減なものなのかも。増税の前にやるべきことがある。という江田議員の持論は正しい。省益、まだそこから生まれる利権のために奔走する俗物...

      続きを読む
    • 2015/05/19Posted by ブクログ

      会計について少し知識を増やしておく必要があると思って、読んでみた一冊。自治体の一般会計の中身についてはそれなりに目を通していたけれど、特別会計については知らないことが多かったです。そして、今課題にして...

      続きを読む
    開く

    セーフモード