ダンナ様はFBI

著:田中ミエ

596円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    仕事一筋だった私が結婚したのは元FBI捜査官。「日本一腕のいい錠前屋を探せ」「デパートでも居酒屋でも、トイレに入る前はFBI式にドア点検せよ」「仕事靴はハイヒールのみ。スカートをはいて自転車に乗るな」。それは彼のトンデモ指令に奔走する、ジェットコースター人生の始まりだった。愛と成長とドタバタの日々を描く国際結婚エッセイ。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    28
    5
    0
    4
    13
    3
    15
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/25Posted by ブクログ

      こんなダンナさんだったら、頼りがいがある一方で衝突も増えそうだわ〜と。最後の終わり方に少し驚きました。色々な形の夫婦があるけど、私だったら…と考えさせられるましたね。

    • 2018/11/12Posted by ブクログ

      今のようにインターネットが普及していない時代に国際結婚した筆者のドタバタエッセイ・・・と思う。
      いくつか示唆を受けたので記録をば。

      「(青信号の点滅で)間隙を縫って渡ってしまおうという、その気持ちが...

      続きを読む
    • 2018/08/02Posted by ブクログ

      国際結婚は価値観も違うから大変なんだろうなと思っていたけど、むしろいろいろな発見があって楽しいかもと思えた。 FBIのエリートだけあって、自分の見せ方もしっかりした考えがあって、なるほどなと参考になっ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード