人を束ねる 名古屋グランパスの常勝マネジメント

著:久米一正

836円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    サッカー界のカリスマ、ストイコビッチ監督は「久米さんが名古屋グランパスのGMで本当に助かっている」と手放しで賞賛する。GMとはゼネラルマネジャー、つまり組織(チーム)の様々なことを決める要職だ。親会社から巧みに予算を引き出し、ときには盟友の首を切り、ときには新人を強奪する。監督やフロントと、年齢も個性も性格も違うサッカーエリートたちを如何にして融合し、勝てる集団へとまとめあげているのか。組織再建のヒントが満載。

    続きを読む

    レビュー

    4
    15
    5
    4
    4
    7
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/11/24Posted by ブクログ

      GMという職業についてわかりやすく理解することができた。現場の監督とは一線を置き、人事面を中心に、チームの最高責任者。サッカー界だけではなく、ビジネスの世界でも十分に参考になる組織運営論だと思った。同...

      続きを読む
    • 2013/10/07Posted by ブクログ

      日立サッカー部出身で3つのクラブのGMを経験した筆者。予想に反してけっこう面白かったというのが正直なところ。そもそもこの人のこと知らなかったので、以下にして今のポジションにあるのか、とか、サッカークラ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2013/07/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード