けむたい後輩

著:柚木麻子

606円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ただ、認めてほしいだけ。14歳で作家デビューした過去があり、今もなお文学少女気取りの栞子は、世間知らずな真実子の憧れの先輩。二人の関係にやたらイラついてしまう美人で頑張り屋の美里は、栞子の恋人である大学教授に一目惚れされてしまう――。名門女子大を舞台に、プライドを持て余した女性たちの嫉妬心と優越感が行き着く先を描いた、胸に突き刺さる成長小説。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    46
    5
    7
    4
    22
    3
    14
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/01Posted by ブクログ

      14歳の時に詩集を発刊した増村栞子。世間知らずで病弱な羽柴真実子。そして、飛び抜けた美貌とスタイルをもった努力家の浅野美里。3人が通う名門女子大を舞台に繰り広げられる「女同士の人間関係」。彼女たちの4...

      続きを読む
    • 2019/10/24Posted by ブクログ

      うううーん、あまりどの人物にも共感はできなかった。
      そのせいか、最後まで物語に入っていけない感じで読み終わってしまった…。

    • 2019/08/09Posted by ブクログ

      栞子と真実子、どちらに共感するかと聞かれたらわたしは真実子に共感してしまう。
      憧れの先輩栞子に振り回され、なにをするにも栞子中心で物事を考え行動する。空気を読めず、次第に栞子にも邪険に扱われていきます...

      続きを読む
    開く

    セーフモード