パチンコに日本人は20年で540兆円使った

著:若宮健

794円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    20年で540兆円――日本人が「失われた20年」でパチンコに費やしたカネは、2011年度の国家予算(92兆円)の約6倍、名目GDP(479兆円)を凌駕する。問題はカネだけではない。多くの人々の労働・消費意欲を奪い、また精神疾患であるパチンコ依存症者の数は450万を超える。ものの30分で1万円以上を失うパチンコが、カネと人間性を奪ってきた。なぜ韓国にはできた「パチンコ全廃」が日本ではできないのか。依存症の実態とそれを誘発するメーカー、蜜に群がる利権政治家、警察、マスコミの現状を徹底糾弾。

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    13
    5
    1
    4
    4
    3
    5
    2
    2
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2018/11/10Posted by ブクログ

      自身の前著の読者感想を延々紹介。20年間でパチンコに540兆円日本人は使ったのは衝撃だがそれにより失われた20年が生じ利己主義が横行したのは因果関係が不明。政治家やマスコミとパチンコ業界の癒着をもっと...

      続きを読む
    • 2018/10/29Posted by ブクログ

      新書で読める「反パチンコ」の比較的新しい著作

      アニメコンテンツのパチンコ展開を考えてみる準備として手に取ったもの。

      元々の社会的弱者を「パチンコ依存症」にさせて家族を巻込んで不幸を生産するパチンコ...

      続きを読む
    • 2018/06/27Posted by ブクログ

      日本人の身体的、精神的健康を大きく損なっている、「パチンコ」という射幸性をあおるだけのギャンブルを、社会的な問題と考える筆者の、静かな怒りがよく伝わってくる1冊でした。

      感情的に批判するのではなく、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード