浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか 仏教宗派の謎

著:島田裕巳

794円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本の仏教はさまざまな宗派に分かれており教義や実践方法が大きく異なる。にもかかわらず多くの人、とくに地方から都会に出て菩提寺とのつきあいを絶った人は関心を持たない。だが親や親戚の葬儀を営む段になって途端に宗派を気にするようになる。家の宗旨に合った僧侶を導師として呼ばねばならないからだ。そこで初めて「うちは◯◯宗だったのか」と知る。そもそも宗派とは何か。歴史上どのように生まれたのか。本書は、日本の主な仏教宗派を取り上げ、その特徴、宗祖の思想、教団の歩み、さらに他宗派との関係、社会的影響をわかりやすく解説した話題作。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    46
    5
    4
    4
    13
    3
    25
    2
    3
    1
    1
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/10/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/06/18Posted by ブクログ

      副題にあるような「仏教宗派の謎」というものでもないように思うけど、日本における仏教宗派の成立、歴史と現在のポジションを概観する本。


      浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか (幻冬舎新書)
      いわゆる南...

      続きを読む
    • 2018/07/22Posted by ブクログ

      中学の歴史の授業で、浄土宗は法然、浄土真宗は親鸞、時宗は・・・と、ただただ暗記した。そこには、教祖の人物イメージが湧くようなエピソードまでおしえられることなく、その宗教のなにが新しくて発展したのかとい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード