ストーミーマンディ

著:牧村泉

677円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    「わたしは人殺しだ。五歳のときに母を、十一歳のときに姉を殺した」。罪の意識を独り抱えたまま三十一回目の誕生日を迎えた倉田諒子。彼女を祝福してくれるのは、夜毎イタズラ電話をかけてくるストーカーだけだ。ぬくもりを求める気持ちから、家出少女を泊めてしまった諒子は、新たな殺人の連鎖に搦め捕られていく。哀切極まる傑作犯罪小説。

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    5
    5
    0
    4
    2
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/12/04Posted by ブクログ

      あまりにも混沌としすぎ。
      主人公がパニックになる事が多すぎて
      置いてかれた。
      気持ち悪い話は好きだが、心情が共感出来なすぎて気持ち良く読めなかった。

    • 2015/01/20Posted by ブクログ

      正確には犯罪小説かしら…以前も
      とりあげたけど内容よりも雰囲気が秀逸。Tボーンウォーカーの名曲「Stormy Monday」がテーマになっていて
      その訳詞も逸品。
      They called it sto...

      続きを読む
    • 2012/05/23Posted by ブクログ

      普通に読みやすいし、ある程度のどんでん返しがある構成は
      おもしろい。
      ただ少し怖かったかな...あまり女の子は一人で読みたくない内容かな
      とも思った。

    開く

    セーフモード