慕情の剣 女だてら 麻布わけあり酒場5

著:風野真知雄

517円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    居酒屋〈小鈴〉に、酒樽とするめが相次いで置き去りにされた。謎々のような出来事の理由を探るうち、小鈴は亡母の思いがけない顔に辿り着く。一方、大坂の乱で爆死したはずの大塩平八郎は、幕府転覆の同志を募るため、葛飾北斎の居所を探り当てていた……。大好評シリーズ第五弾!

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    4
    5
    0
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/12Posted by ブクログ

      今回も面白く読みました。いやもうまた一気読み! 今回は、市井の謎ときよりも、鳥居耀蔵や戸村吟歳の話に重きをおいていたような気がします。ほんとにドラマみてるみたいに、目の前に情景が浮かびます。この時代で...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2015/10/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/09/02Posted by ブクログ

      「置いていった酒」「鎧を着たまま」「減らない飴」「沈んだ死体」の四章。

      在りし日の母おこうの言動をいろんな人から聞いて、小鈴も怒りの心を和らげ、素直な慕情に傾いていく。

      その頃、父があんなことにな...

      続きを読む
    開く

    セーフモード