シグナル

著:関口尚

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    映画館でバイトを始めた恵介。そこで出会った映写技師のルカは、一歩も外へ出ることなく映写室で暮らしているらしい。なぜ彼女は三年間も閉じこもったままなのか?「ルカの過去について質問してはいけない」など三つの不可解な約束に困惑しながらも、恵介は固く閉ざされたルカの心の扉を押し開いていく。切なく胸を打つ、青春ミステリ感動作。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    52
    5
    7
    4
    17
    3
    19
    2
    8
    1
    1
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/10/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/09/30Posted by ブクログ

      映写機の仕事はリアルさが伝わってきて面白かった。
      ストーリーとしては純愛と言えばそれまでなんだけど、モヤっとした終わり方だったかな。

    • 2018/11/24Posted by ブクログ

      甘く切ない恋物語なのかな。お互いに闇を抱えて生きてきた2人が、映写機というものを通して出会い惹かれていく。とにかく純愛です。そんな人に出会えたら幸せだろうなぁとしみじみ思います。

    開く

    セーフモード