量刑相場 法の番人たちの暗黙ルール

著:森炎

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    量刑とは、裁判官が当事者らの言い分や証拠を、刑法の定める範囲内で酌量し判決を下すことである。その判断は各裁判官に委ねられているものの、先例判例主義が重視されるため、「一人殺しは無期」「三人殺しは死刑」といった刑罰の“相場”が自ずと形作られてきた。例えばゴルフ場からロストボールを“大量”に持ち帰れば懲役10カ月、“衝動的”な放火で“一人”焼死させたら懲役10年など、微罪から重罪まで、法の番人たちが共有する刑罰の約束事が全て明らかに!

    続きを読む

    レビュー

    2.5
    4
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/06/17Posted by ブクログ

      解説が丁寧でわかりやすい。
      まあ現状を見るに、理不尽な量刑はいくつかあるなあ。泥酔してたから心神耗弱とか、普通の感覚じゃありえんし。

    • ネタバレ
      2013/05/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/02/14Posted by ブクログ

      司法の考え方がちょっとわかった気がする。
      おおがたのことは実務経験で知っていたが、刑期の細かい考え方とか、最近の傾向とかは今後、役に立ちそう。とくに死刑についての考え方が司法っぽい感じがして興味深かっ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード