リムジンで朝食を

著:浅野裕子

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日曜の朝、マンハッタン。すべるリムジンの中には、冷えたシャンパンとキャビア、そして贅沢を極めてニューヨークを生きる二人の女。男たちの残酷な視線を浴びるごとに、美しく磨かれていくミラノの女たち。極上の愛は極めつけの贅沢を知るものだけが甘受する蜜。それは、残酷なまでの真実――。ロンドン、パリ、香港、モルディヴ、東京――、九つの都市を舞台に描かれる、鮮烈な九つの情事。

    続きを読む

    レビュー

    • 2004/10/04Posted by ブクログ

      リアリクティックではない設定の作品が多いけれど
      こんな生活をしてみたい!と夢に思うのはいいとおもう
      BBが残したシャネルの水着という話は、ビーチサイドで読むといいかもしれません

    • 2008/10/30Posted by ブクログ

      「ティファニーで朝食を」を意識した感じのタイトルになんとなくひかれて読みました。
      世界中のセレブ女性の恋。
      林真理子あたりが書くと陳腐になってしまうような物語をあっさりと書いている。
      不倫の恋を描いて...

      続きを読む
    • 2008/08/20Posted by ブクログ

      まるで短編ロマンス洋画を見ている様。「八月のシャネルスーツ」より素敵で一層きらびやか。またもや何処にもリアルが無く、たまに閉口してしまう程だが。

    開く

    セーフモード