勝負の極意

著:浅田次郎

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    私はこうして作家になった!苦節二十年。どうしても小説家になりたかった男は卓越した商才と博才を駆使し、ついに悲願を成就した。「二足のわらじ」を履きながらも小説を書きつづけ、競馬で飯を喰ってきたのはなぜか?それは生活の糧を得られなければ、小説に専念できず、当然デビューなど果たせないからである。痛快人生必勝エッセイ。

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/08/31Posted by ブクログ

      浅田さんはどのように小説家になったのかを知りたくて読んだのですが、内容のほとんどが競馬に関する心構えやコツでした。が、小説家になるいきさつもちゃんと書かれていて満足。ギャンブルはしないのでわかりません...

      続きを読む
    • 2010/08/29Posted by ブクログ

      浅田次郎の小説家になるまでの「二足のわらじ」生活と
      競馬に関するエッセイ。

      蒼穹の昴しか読んだことなかったので、本書の内容、文体とのギャップに驚いた。まじめな人なのかと思ったら、おもろいおっさんだっ...

      続きを読む
    • 2005/05/28Posted by ブクログ

      2部構成になっていて前半は作家になるまでの道のり、後半はギャンブルについての氏の考え方です。
      特に後半は競馬の楽しみを知るためには比類なきものになっていると思います。
      競馬に限らず、氏の観察の仕方は様...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000110211","price":"495"}]

    セーフモード