【最新刊】マグネット

マグネット

著:山田詠美

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    借金の返済を迫られて殺人を犯した男を匿う黒木。中学校の資料室で教師から猥褻行為を受けていた事件を回想する由美子。そして義弟の死の周辺を克明に描き、まさに掉尾を飾る「最後の資料」。罪の意識はこれほどまでに人間を洗練させるのか?そして用意された罰は時として人を輝かせる。法の裁きではない。殺人、放火、売春、のぞき、強制猥褻……極めて個人的で強烈な9つの罪と罰を収めた傑作短編集。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/22
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • マグネット2008/08/17Posted by ブクログ

      9つのお話が入った短編集。

      「おれ、今日人を殺してきちゃった」
      もし、自分の愛する人にそう告げられたら。
      自分の愛する人は、ださくてもボロボロでも、どんな状態でも愛しくて、
      例え彼が人を殺したと...

      続きを読む
    • マグネット2019/07/07Posted by ブクログ

       いきなりだが、性行為を中心とする、男女の性の有り様について、品格と機知を伴って、9編は描かれる。ただし1人称小説が多い。
       山田詠美を「短編小説の名手」と評価する、評論家が現れたことも肯ける。
       黒...

      続きを読む
    • マグネット2005/04/29Posted by ブクログ

      彼女の文章は何でこんなに艶と色気があるのか。
      まるで上等なカクテルを飲んでるみたい。
      久々に山田詠美さんの本を読んで、
      あぁ、この人はこんな文章を書くんだと
      改めて認識した。恋愛そして己の
      罪と罰をモ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード