英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法

著:菊間ひろみ

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「もう若くないから英語はムリ」と諦めるビジネスマンが多いが、実は語学習得と記憶力は無関係。人生の折り返し地点に達し、やるべきことの優先順位も明確な40歳すぎは、英語に対する「切実な想い」「集中力」があり、英会話に不可欠な知識や社会経験も豊富だ。そのためコツさえつかんで勉強すれば、20代の若者よりも英語力はぐいぐい伸びる。ただし、受験英語の延長のような勉強では時間の無駄。著者が提唱する3つのこと、つまり英語を「音読する」「多読する」、そして「英語表現を覚える」ことを習慣にすれば、たった3カ月で自信を持って英語を話せるようになる。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    26
    5
    1
    4
    7
    3
    17
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/12Posted by ブクログ

      ・TOEIC試験対策本では英語力アップにはならない。あくまで英語を測定するためのもの。
      ・一に音読、二に音読。口パクはだめ。
      ・単語力、熟語よりも文法。
      ・NHKのラジオ、テレビ講座はおすすめ。

    • 2019/06/12Posted by ブクログ

      このくらい気楽な調子で取り組むほうが確かに英語が身につきそう。
      英英辞典の使い方は、参考になりますね。

    • 2018/12/09Posted by ブクログ

      娘と一緒にリトル・チャロから始めてみようかと思う。

      ・そもそも訳そうとするのが間違い。英語を英語のまま理解すれば良い。
      ・1週間に2時間まとめて英語を勉強するより、毎日最低20分英語に触れるほうがよ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード