【最新刊】ぼくはビート

ぼくはビート

著:山田詠美

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    黒のソフト帽が見てきた幾つもの色恋沙汰を追う表題作「ぼくはビート」、初めて悪態をつく事を知った激しい愛を描く「YOUKNOWWHO」、一日に一度、憎しみ合って別れる二人の「ぼくの愛は韻をふむ」ほか、男と女の間に漂う贅沢な恋の糸を甘く織り上げる、どこまでも心にしみいる恋のテン・ストーリーズ。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/22
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • ぼくはビート2006/08/05Posted by ブクログ

      パーティーに着飾ったドレスで出かけ、男たちの視線をあしらいながらお酒を飲む。そして、一晩だけのラブアフェア!まるで、海外ものの恋愛ドラマを見ているような…。バーやクラブといったものに通わない自分には縁...

      続きを読む
    • ぼくはビート
      ネタバレ
      2012/08/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ぼくはビート2014/02/15Posted by ブクログ

      山田詠美も4冊目だが、この本のテイストは自分が一番最初に読んだソウルミュージック・ラヴァーズオンリーとまったく一緒なんで特に新鮮味はなし。アメリカ人の作家が書いたって言われても違和感ないほど、主に黒人...

      続きを読む

    セーフモード