ラーメン屋の看板娘が経営コンサルタントと手を組んだら

著:木村康宏

990円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    300社1500店舗以上のラーメン店の経営に携わってきた著者が、「今という時代に通用する“モノとサービスの売り方”」をまとめた一冊!創業24年のラーメン店・大力屋。かつての隆盛はどこへやら、今ではすっかり閑古鳥が鳴いている。頑固一徹の店主・大二郎のひとり娘・春香は、大学の授業で偶然出会った経営コンサルタントの澤村に助けを求めた。職人肌の大二郎は澤村を拒絶するが、自慢のラーメンを「美味しいだけで、商品としては間違いなく売れない」と言われ……。つぶれかけのラーメン屋が、毛嫌いしていた”経営のプロ”の助言に従って復活を目指す!感動の物語の中にちりばめられた、うまくいく商売の法則とは?

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    27
    5
    12
    4
    8
    3
    6
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/01Posted by ブクログ

      著者は大学在学中に著名な経営コンサルタントに師事。

      大手コンサルティング会社勤務を経て、ラーメン業界専門の経営コンサルティング会社である(株)繁盛塾を設立されます。

      10年以上に渡って多くの有名...

      続きを読む
    • 2018/10/28Posted by ブクログ

      ラーメン屋を舞台とした立て直しのコンサルティング

      自己流では物は売れない、

      わざわざ足を運んでもよいと思う、他店との圧倒的な差、1.7倍の法則

      意思統一の重要性、ミーティングの在り方等、ビジネス...

      続きを読む
    • 2018/10/15Posted by ブクログ

      ちょっと前に流行った『もしドラ』のまんまでした(^^;)
      著者が、超有名店含む300社1500店舗以上のラーメン店の経営に携わった経験と年間600杯以上のラーメンを食べるラーメンフリークということもあ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード