偽善エネルギー

著:武田邦彦

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本人がどんなに節約しても、世界各国の大量消費は止まらず、石油は枯渇する。原子力の信用は失墜し、石油頼みのあらゆる分野――工業、農業、漁業、医薬品は大打撃を受けること必至。だが今、将来に備えてやるべきは省エネではない。代替資源を探し、技術革新をすることだ。では何が次世代エネルギーになるのか?太陽電池や風力か?地熱や潮力は?政治と利権、各国のエゴで操作された嘘の情報を看破し、資源なき日本の行く末を模索する。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    35
    5
    3
    4
    13
    3
    18
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/21Posted by ブクログ

      原子力発電は安全だが地震には弱いので安心できない、生物は本来放射線には強い、と書いている。
      この人の近頃の極端な放射線否定論とは随分違う感がある。
      とりあえず世論におもねらないのは偉い。

    • 2019/02/28Posted by ブクログ

      難しい言葉は使わず、要点だけまとめられた非常にわかりやすい本。主張がしっかりしていて、偏っているからこそ面白い。武田先生の主張が信じられない人でも単純に環境を学べる本。

    • 2019/01/02Posted by ブクログ

      あーまた武田教授の本を買ってしまったよ・・・。
      今までは環境問題の本を何冊か読んだが、この本はもう少し踏み込んで、エネルギー問題を扱っている。
      今まで読んだ中でいちばんよかったと思う。えせエコブー...

      続きを読む
    開く

    セーフモード