いつも心にクールギャグを

著:デーブ・スペクター

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    震災後の人気No.1ツイッターが、待望の書籍化。圧倒的な知識量に裏付けされたギャグに、「震災後、初めて笑えた」「癒された」「勇気が湧いた」……など、被災地に笑顔を生んだ!奇跡のギャグ&メッセージ790、一挙公開。一見、ギャグの本だが、お茶の間の視点で、思いや怒りを綴った、どんな震災本よりもリアルに共感できる、ドキュメンタリーでもある。「ユーモアがあれば、辛い時でも電気を使わずに、世の中を明るくできる」という信念のもと、震災後も日本に残り、つぶやきつづけた、デーブの命の叫び!?○総理の肩や腰にいますぐ貼りたい→リーダー湿布○いま松尾芭蕉がいたら復興した後にきっと歩くことでしょう→奥の舗装道○普段は悪い意味なんだけど、いまはとても大切なことわざ→冷や水を浴びせる○いまこそ活躍してほしい世直し時代劇キャラ→隠さん○そういえば計画停電より前から、首相が輪番制のような気がするのは、僕の気のせいでしょうか?○すっかり切れちゃったもの→菅電池○こんなときにやめてほしい政治決断→内閣総自粛○かなり気をつけたい刑事ドラマ→「あぶない電化」――など。印税の一部を、義援金として寄付する。

    続きを読む

    レビュー

    4.3
    3
    5
    1
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/01/22Posted by ブクログ

      震災後の日本をギャグで元気にしようという、デーブの日本愛を感じますね。トイレで少しずつ読みましたが、笑ってしまいました。プッ。失礼しました。/m(_ _)m

    • 2011/09/18Posted by ブクログ

       短文投稿サイト「Twitter」において、東日本大震災の直後、3月13日にある芸人がツイートしたひと言が今でも鮮明に記憶に残っている。エレキコミック・やついいちろうの書き込み。『とんでもなく面白いコ...

      続きを読む
    • 2011/09/15Posted by ブクログ

      毎日のようにWEBで彼の駄洒落ツィートを読んで楽しんでいるがそれを纏めたもの。既に読んだもの、読み落としていたものも含めて単純に楽しめる。埼玉生まれにしても日本語・地名にやたら詳しいと思っていたがデー...

      続きを読む
    開く

    セーフモード