買収者 アクワイアラー

著:牛島信

495円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    「先生、あの男をビジネスマンとして二度と立ち上がれないようにしたいんだ」――大木弁護士は驚いた。依頼者は六五歳の功成り名を遂げた男。かつての先輩で今は犬猿の仲の大物財界人の六二歳の妻を奪うため、彼の会社を乗っ取るという。株主代表訴訟、公開買付、第三者割当などを駆使した合法的復讐=敵対的買収を描く企業法律小説の新機軸!

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    5
    5
    0
    4
    2
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/06/10Posted by ブクログ

      作り話ではあるけれど、それを前提として読めば、ドラマチックで面白い。作者の弁護士としての知見が活きており、臨場感もあった。

    • 2012/09/05Posted by ブクログ

      嫉妬や私欲に駆られた殺伐とした作品の中でも、読後感がよいものとただ空虚になるものとがありますが、その違いはなんだろう。この作品の場合は後者でした。

    • 2008/05/30Posted by ブクログ

      切なくて、泣いた最後だった。
      長野さんは会社を手に入れて、これからって時に
      人の死の重さが痛いほどわかる話でした。
      長野さんには幸せになって欲しかった。

    開く

    セーフモード