背の眼(上)

著:道尾秀介

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    児童失踪事件が続く白峠村で、作家の道尾が聞いた霊の声。彼は恐怖に駆られ、霊現象探求所を営む真備のもとを訪れる。そこで目にしたのは、被写体の背中に人間の眼が写り込む、同村周辺で撮影された4枚の心霊写真だった。しかも、彼ら全員が撮影後数日以内に自殺したという。これは単なる偶然か?第5回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    129
    5
    11
    4
    52
    3
    58
    2
    7
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2018/11/11Posted by ブクログ

      無駄に長いなんて評論もあるようだけど、私にはそうは感じなかった。
      ホラー小説として読者を満足させるには数々の布石をまかなければいけないし、中にはダミーも入れなきゃいけない。その絶妙な加減は作者に委ねる...

      続きを読む
    • 2018/03/19Posted by ブクログ

      これって私が読んでも大丈夫なものかなぁ、と恐る恐る“明るい時間限定”で読み始めました。とりあえず上巻は大丈夫でした。京極堂シリーズに似ていて、キャラクターも理屈が多いところも私は好きです。
       さて、肝...

      続きを読む
    • 2017/05/12Posted by ブクログ

      最初の方は結構ホラーで、うわっ暗い夜道とか1人で嫌だなぁ、と思ったくらい。霊とかはあまり得意ではないので。でもミステリー解決に話が進んでいくとなかなか止まらなく読み応えがあった。

      ただ、結果というか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード