猿之助三代

著:小谷野敦

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    四百年余り続く歌舞伎界には團十郎、菊五郎、歌右衛門など歴史ある名跡がある。中でも「猿之助(=澤瀉屋)」は、常に奇抜なアイデアを創造し、伝統・秩序への反骨精神で劇界全体を隆盛させてきた。門閥主義に捕らわれず、根っからの新し物好き、高尚さより観客が喜ぶ芝居を追求してきた彼ら新興一門は、どう生まれ花開いたか――。その存在に長年刮目する著者が、異端の血筋の歴史をたどる。“型破りの継承”を追った新・猿之助伝。

    続きを読む

    レビュー

    2
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/01/27Posted by ブクログ

      図書館で。市川宗家と猿之助は昔いろいろあったと何かで読んで調べてみるか、と適当に借りてみました。軽く知る、という意味ではあまり適当な本ではなかったです。

      取りあえず作者さんの文章の書き方が独特過ぎて...

      続きを読む

    セーフモード