紅無威おとめ組 かるわざ小蝶

著:米村圭伍

495円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    時は松平定信為政の寛政年間。ひょんなことから義賊に加わった軽業師の小蝶は、萩乃、桔梗とともに、私腹を肥やして幕閣から追われた田沼一族の裏金強奪計画を立てる。ところが、頭領の幻之介は、はるかに大きな獲物を狙っていた。世直しに燃える彼女らの思いとは裏腹に、計画は江戸城を揺るがす大事件に発展してゆく――。抱腹の痛快時代活劇。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/09/02Posted by ブクログ

      【本の内容】
      時は松平定信為政の寛政年間。

      ひょんなことから義賊に加わった軽業師の小蝶は、萩乃、桔梗とともに、私腹を肥やして幕閣から追われた田沼一族の裏金強奪計画を立てる。

      ところが、頭領の幻之介...

      続きを読む
    • 2012/01/07Posted by ブクログ

      時は老中松平定信の寛政元年/軽業師の小蝶、剣士の桔梗、発明家の萩乃/大江戸チャーリーズエンジェル?/ある意味タイトルでネタバレしてる気も/続編あり/

    • 2009/07/31Posted by ブクログ

      江戸のチャーリーズ・エンジェルとの紹介文、米村さんの作品ということに惹かれました。
      時は老中・松平定信の時代。
      ぽんぽんとかる〜く読めてしまうのが手軽で良いです。

    セーフモード