目ざめれば、真夜中

著:赤川次郎

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人質を取り、ビルに立てこもった殺人犯に指名され、現場へ駆けつけたOLの矢田部真美。犯人の白木和也は高校の同級生で、人質の広田悠子は白木の恋人だった。二人はなぜ人質事件を起こしたのか?真相が明かされる前に、白木は警察に射殺されてしまう。真美は事件の調査に動き出すが、行く先々には何者かによる妨害工作が待っていた。

    続きを読む

    レビュー

    4
    7
    5
    2
    4
    3
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/08/23Posted by ブクログ

      赤川先生の作品を読むことがストレス解消になりつつあります。頭の中でちゃんと役者さんで脳内再生できちゃうから不思議だ!


      主人公がひょんな事から陰謀にまきこまれていくんだけど、その陰謀は身近なところに...

      続きを読む
    • 2014/05/12Posted by ブクログ

      次郎さんの作品は、中学生の頃から読み続けています。
      いつの間にか主人公と目線が同化し、ストーリーの中にいるかのように思わせるのが得意な次郎さん。
      今までたくさんの作品を読んできましたが、「目ざめれば、...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/08/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード